紀州のドンファン=和歌山の資産家、野崎幸助氏が5月24日死亡し、その遺体からは覚醒剤が検出されました。
家政婦の竹田純代さんも捜査対象に。なんとそのドンファンの家政婦には4000万円の遺産相続の遺言が存在していた?詳しくみていきます。

スポンサーリンク



ドンファン(野崎幸助)家政婦に遺産相続4000万?

ドンファン(野崎幸助氏)と30年来の親交があったデヴィ夫人は、
テレビでこんな風に話しています。

野崎さんの遺体を見つけた家政婦については「六本木でバーか何かをしている方。会社の名義を彼女にしていたこともあった。遺書にそのお礼として彼女に4000万円残していると言っていました」と振り返っていた。

引用:スポーツ報知


引用:http://5ch-matometv.com/archives/9567558.html

こちらが
野崎幸助氏の自宅家政婦の竹田純代さん
会社アプリコの業務でも
秘書をされていたので、
野崎幸助氏のかなりの信頼を得ていたようです。


この家政婦の竹田純代さんは、
「野崎幸助氏を殺害することで
自分にお給料が入らなくなるから、
殺す理由がない!」

という趣旨の発言をしていましたが、
この4000万円遺産相続の話が本当であれば、
また話は別ですよね。


聖路加病院で一ヶ月に一度、健康診断を受けていたし、
日頃から健康には留意していた、
またテレビでは亡くなる数日前の野崎幸助氏の映像がありますが、
とにかく顔色がよく、ツヤツヤで、
「長生き」されると困る、、、なんて思ったのかもしれません。

これはあくまでもわたくし管理人の憶測にすぎません。
あしからず。

スポンサーリンク

ドンファンの家政婦と、嫁さっちゃんの異様な親密さ

この二人の共通点。
東京、六本木に別宅があるということ。


そして、嫁のさっちゃんは、
家政婦の竹田純代さんの自宅を訪ねていたという話も
出てきています。


ちなみに、竹田純代さんの自宅はこちら↓

東京都港区六本木のシャンブル六本木
というマンション。


ここに野崎幸助氏の嫁、22歳のさっちゃんが
訪ねていたことがあったということがわかっています。


家政婦と、奥様という関係。
普通の関係のようには思えません。


そして、本来ならば、野崎幸助氏の嫁のさっちゃんには、
家政婦の竹田純代さんは敬語を使うべき立場かなと思うのですが、
「そろそろ(2階)上がったほうがいいんじゃないの?」とか、
野崎幸助氏が亡くなっていたその瞬間も、
居間で一緒にテレビを観ていたとか。。。

普通の家政婦と奥様の関係ではなさそうです。


もしかしたら、
結婚する前からの知り合いだったのかもしれません。


そして外では話せない大事な話
竹田純代さんの自宅でしていたのかもしれませんね。

ネット上の声はまとめ


顔で判断してはいけませんが、
とても家政婦さんとは思えない派手な風貌でしたね!


たしかに。何かを隠したいのかと思えるほどの饒舌さでした。


という意見もありますが、
家政婦に4000万円の遺産相続権があるのなら、
また180度違ってきますよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は紀州のドンファン、野崎幸助氏が変死した事件で、
家政婦の竹田純代さんに4000万円の遺産相続権があるという話を
取り上げてみました。


事件解決にはまだ時間がかかるのか?
今後の展開に目が離せません!


最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク