事件

野崎幸助(ドンファン)家政婦の名前は竹田純代!六本木住み,派手服66歳の正体は?

紀州のドンファン、和歌山の資産家、野崎幸助氏が5月24日死亡しました。遺体からは覚醒剤が検出され殺人事件の発展。家政婦の竹田純代さんにも疑惑が。家政婦竹田純代さんの顔画像や素性など調べていきます。ドンファン、あなたは幸せな人生でしたか?

スポンサーリンク



野崎幸助(ドンファン)の家政婦、竹田純代の顔画像は?


引用:http://5ch-matometv.com/archives/9567558.html

こちらが野崎幸助氏の家政婦の竹田純代さんです。
[br num=”1″]
自分が野崎幸助氏殺害の犯人として疑われていることに、
顔出しをしての反論!
[br num=”1″]
名前は竹田純代
野崎幸助氏とは、30年来の付き合いで、
知り合ったのは、竹田純代さんが六本木でホステスをしていた時だと
言われています。
[br num=”1″]
住まいは東京港区六本木。
[br num=”1″]
8ヶ月前から、野崎幸助氏に頼まれて、
月に10日ほど、東京から和歌山にやってきて、
家事、食事面などをサポートする家政婦をすることに。[br num=”1″]
そもそも家政婦業の経験があったわけではないそうです。
普通はプロの家政婦を派遣してもらったらいいのでは?
と思うのですが、
そこは何か事情があったのでしょうか。
[br num=”1″]

竹田純代さんの自宅場所を特定↓

なぜ野崎幸助氏の犯人として家政婦、竹田純代が疑われている?

野崎幸助氏が亡くなった時には、
この家政婦の竹田純代さんと、嫁のさっちゃん。
二人しかいなかったから。
[br num=”1″]
まぁ、そりゃ疑われるのも仕方がないかもしれません。
そして、もちろん、嫁のさっちゃんも疑われ捜査されています。
[br num=”1″]


簡単な時系列はこの通り。
[br num=”1″]
この東京の秘書というのが、
今回の家政婦=竹田純代さんのことです。
[br num=”1″]
竹田純代さんは常駐、住み込みの家政婦ではなく
月に10日ほど東京から和歌山に来る労働スタイル。

[br num=”1″]
その竹田純代さんに、
野崎幸助氏は自分が亡くなる前日に、
和歌山に来るようにと緊急の電話をしている。
その日、23日にかけつけたのか、
亡くなった24日にかけつけたのかは分かりませんが、
いずれにしても、
竹田純代さんが来てから亡くなったということですね。

[br num=”1″]
不思議ですね…[br num=”1″]
こちらの記事もあわせてどうぞ

野崎幸助(ドンファン)の家政婦、竹田純代さんにネットの反応は?

野崎幸助氏の家政婦、竹田純代さんを初めてみたとき、
なんか違和感を感じませんでしたか?
[br num=”1″]
家政婦さんらしくない。
派手。
そこは元ホステスさんだと聞いて、少し納得。
[br num=”1″]
30年来の親交があった野崎幸助氏が突然の急逝。
悲しむ表情を見せるどころか時折笑顔も見せる。
[br num=”1″]
そして、野崎幸助氏が亡くなってまだ間もないのに、
まぁ、親族ではないとはいえ、やはり首をかしげたくなるほど
とにかく派手な風貌でしたね。


元ホステスという職業柄、話すのは得意だったのかもしれませんが、
野崎幸助氏が亡くなったことへのショックや悲しみは
一切感じられる応対ではなかったですね。

スポンサーリンク

野崎氏の家政婦、竹田純代さんの主張は?

野崎幸助氏の家政婦、竹田純代さんの主張は、
「自分が殺してたら、
これからお給料も入らなくなるし・・・」

と、
自分にはそんなことをする理由がないと。
[br num=”1″]
確かにそうです。
[br num=”1″]
でも22歳の若い女の子がこんなことを一人で、
計画実行できるわけがない。
ましてや、凶器となってるのは、
覚醒剤。
[br num=”1″]
簡単に手に入るものではない。
[br num=”1″]
ここはわたくし管理人の憶測でしかないのですが、
家政婦の竹田純代さんが計画して、
それと嫁のさっちゃんが共謀したのではないか?とかも
推測できますね。
[br num=”1″]
その時の動機はもちろん。遺産。
遺産50億とも言われています。
その4分の3はさっちゃんが相続するので、
家政婦の竹田純代さんが、犯行を持ちかけるのは
あるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は紀州のドンファン、野崎幸助氏が変死した事件で、
家政婦の竹田純代さんについて調べてみました。
まだまだ事件解決まで時間がかかる?
もしくは捜査は局面に達してる?
[br num=”1″]
最後までお読みいただきありがとうございます!
竹田純代さんの自宅場所を特定↓

スポンサーリンク