東京・歌舞伎町で覚醒剤を所持したとして外務省職員の谷本泰稔容疑者。

逮捕容疑は、新宿区歌舞伎町の路上で覚醒剤およそ0.6グラムを所持した疑いで現行犯逮捕されています。

谷本泰稔 顔画像は?そして、なぜ逮捕されたのか?調べてみました!

スポンサーリンク



谷本泰稔 顔画像は?

出典:日テレニュース

ニュースサイトから引用します。

東京・歌舞伎町で覚醒剤を所持したとして外務省職員の男が警視庁に逮捕されたことがわかった。

逮捕されたのは外務省職員の谷本泰稔容疑者。捜査関係者によると、谷本容疑者は24日、新宿区歌舞伎町の路上で覚醒剤およそ0.6グラムを所持した疑いが持たれている。

覚醒剤は財布の中に入っていた透明な袋から見つかり、谷本容疑者の尿からは覚醒剤の陽性反応が出たという。調べに対し、谷本容疑者は「日頃のストレスがあった。インターネットで購入し、2週間くらい前に使用した」などと容疑を認めているという。引用:日テレニュース

逮捕されたのは、

名前・・・谷本泰稔(たにもとやすとし)
年齢・・・46歳
職業・・・外務省、旅券課課長補佐
住所・・・川崎市多摩区

です。

顔画像については現在のところ公開されておりませんでした。

Facebookやツイッターに関しても現在のところは特定されておりません。

スポンサーリンク

谷本泰稔はなぜ現行犯逮捕?なぜバレたのか?

谷本容疑者が別の男と路上を歩いている際に、不審な動きをしたため、警察官が職務質問をしたところ、ビニール袋入りの覚せい剤0.6グラムが見つかったという。

引用:FNN

さすが警察です。調べてみると、不審な動きというのは、警察官を見て方向を変えて逃げるようにしてその場を去ろうとしたからだそうです。その一瞬の動きも警察は見逃さないのですね。素晴らしい!

スポンサーリンク

谷本泰稔の動機はストレス?

谷本泰稔容疑者は、薬の使用を認めています。その動機として、「仕事上のストレス」と供述しているようです。課長補佐というポジションから中間管理職のストレスはあったのは確かかと思われます。

以前このブログで、同じ罪で逮捕された教職員の容疑者についてわたしが書いた記事に対して、わたしは「教職員の仕事はストレスがあるので、そのはけ口としてクスリに逃げたのしょう」という趣旨の記事を書いたのですが、その記事に対して読者の方から指摘のコメントをいただいたことがあります。

「それは決して理由にはならない」と。

確かにそうです。その通りです。仕事のストレスを抱えながらもクスリに走らない人が大半以上ですから。それは決して理由にはならないですよね。

また、谷本泰稔容疑者はインターネットで購入したと供述しているようですので、そんなものがネットで買えるこの社会にも疑問が残るばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク