12月4日ごろ、立石映里容疑者(37)は、
自分の2歳の息子の首を締めて殺そうとし、
苦しそうにしたから睡眠導入剤を飲ませた疑いで逮捕されています。

この事件の経緯と、立石映里容疑者の顔画像、
Facebookやツイッターアカウント、犯行動機について調べていきます。

スポンサーリンク

立石映里容疑者の顔画像は?息子を殺そうとした動機は?

 

立石映里容疑者は、
愛知県大府市米田町に住む37歳。
家族構成は、夫と2歳の息子。

 

12月4日頃、
訪れた立石映里容疑者の母親が、孫の異変に気づき、
病院へ搬送しました。

 

調べに対して、立石映里容疑者は、
「殺そうとして首を締めた。
苦しそうにしていたので、睡眠導入剤を飲ませた。
間違いありません」

 

と、容疑を認めています。

 

ちなみに睡眠導入剤は、
すり鉢ですり、水とともに飲ませたそうです。

 

先月、児童相談所に立石映里容疑者が息子に
虐待している疑いがあると通報があり、

 

児童相談所は立石映里容疑者の自宅を訪問したり、
なんども連絡をとっていたそうです。
こんなことになる前に、
なんとか策はなかったのでしょうか。

 

立石映里容疑者の顔画像についてですが、
今のとろこまだ公開されていません。

 

FacebookやツイッターなどのSNSアカウントも特定することは
できませんでした。


出典:CBCテレビ

こちらがニュースで公開されていた自宅です。
新築のとても立派な自宅だと思われます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

この事件に対するわたくし管理人の意見を書きます。

 

こんなことになる前に誰かが助けてやれなかったのか?
そんな声がネットでは聞こえてきますが、

 

わたくし管理人が3人の子育てをしてきて思うことは
やはり本音で話せる人なんてなかなかそうそう居ないということ。

 

今回は立石映里容疑者の母親が訪ねてきて、
事件が発覚したということですが、

 

普段から母親に弱音や相談を吐き出せていたら
こんなことにならなかったんですよね。

 

でも、

 

夫にも母親にも自分の状況を話せなかったのではないかと
思います。

 

だって、そんな状況になってる自分をさらけ出すことは怖いし、
きっと子供を傷つけたくなっていたのは一時的、いや、たぶん一瞬で、
それ以外の時間は、息子のことはかわいくてたまらなかったと
思います。

 

子育てしていたら、いろんなことがあります。
やり場のない感情、味わったことのない感情がたくさん押し寄せてきます。
正直、1日だけでいいから子供と離れたいなんて思ったことなんて、
なんどもあります。
今もあります。

 

それを吐露する場所がなかったのか、
もしくは吐露することへの罪悪感があったのか、
そんな母親はダメだと思う完璧理想主義もあったのかもしれません。

 

2歳児と四六時中向き合うのはとても大変です。
一時保育などのを利用するのが当たり前、
子供を預けて親もリフレッシュする日を設けるのも当たり前、
そんな時代になって欲しいです。

 

決して、立石映里容疑者がしたことを擁護しているわけではなく、
こういうニュースを耳にするたびに、
誰もがそうなり得たかもしれないと、いつも思います。

スポンサーリンク