子供を持つ親としては、
こんな事件、本当に腹立たしく、恐怖です。

 

千阪利恵容疑者(41)は、12月7日夕方、
近くに住む小学校2年の女児をナイフで刺したとして
殺人未遂の容疑で逮捕されました。

 

なんとこの女児は、千阪利恵容疑者の息子の同級生。
詳しくみていきたいと思います。

 

スポンサーリンク



千阪利恵(ちさかりえ)の顔画像は?自宅はどこ?動機は?

 

事件が起こったのは、
12月7日の夕方4時10分頃、
女の子は千阪利恵容疑者の家に遊びにきていたのか、
犯行は千阪利恵の自宅で行われました。

 

凶器は刃物。
自宅で使用している包丁だったのでしょう。

 

その包丁で、女児を複数回刺したとされています。
女児の容態ですが、搬送されるときには意識があったと
報道されています。

 

殺人未遂の現行犯で逮捕された千阪利恵は、
調べに対して、「刺したことは間違いありません」と、
容疑を認めているそうです。

 

容疑は認めているけれど、
犯行の動機まではまだ明らかになっていません。

 

女児の容態と、千阪利恵の犯行の動機が気になるところです。
追加の情報が入り次第、こちらに追記していきます。

 

千阪利恵の顔画像は公開されていません。
Facebookやツイッターのアカウントもそれらしきものは
見当たりませんでした。

 

顔画像はそのうち公開されそうなので、
また情報が入り次第追記します。

 

事件が起こったのは、
奈良県生駒市鹿ノ台南

 

穏やかな雰囲気のある住宅街というイメージの街です。
ツイッターではこんなツィートも。

事件とは無縁の街だったのでしょう。

 

とにかく気になるのは動機ですね。
千阪利恵容疑者には息子が3人いたようで、
育児に悩みノイローゼ気味だったのか?
家庭で何か問題があったのか?
パート勤めをしていたそうなので、そこでの
人間関係に悩んでいたのか?

または、子供同士がトラブルになっていたのか?

 

いろいろ憶測はされていますが、
千阪利恵容疑者が供述する内容が気になります。

 

スポンサーリンク

子供の同級生殺人、過去にもあった?

 

過去には2010年5月、
娘の同級生(当時小学5年10歳)の女児を、
「娘を殺さないで」と叫びながら、
その同級生の女児を包丁で腹部を刺したという事件がありました。

 

女児は一命取り留め、女は殺人未遂で逮捕されました。
女はその前から精神に異常をきたしていたのか、
その前から精神病院に通っていたそうです。

 

今回の事件に関しても、
この千阪利恵容疑者の動機が明らかになるのを
待ちたいと思います。

12/14追記

千阪利恵容疑者は警察の調べに対して、「過去に子供同士のトラブルがあった」と供述しているようです。

 

まだ低学年ですし、ささいなことからちょっとした喧嘩でもあったのでしょうか?でも実際には、放課後に一緒に遊ぶ仲のようなので、そう大したトラブルではなさそうですが。

 

千阪利恵容疑者にとっては割り切れない思いがあり、根強く心に残っていたのかもしれませんね。

 

普段穏やかなママでも、こと子供のこととなると人が変わるような人もいます。すべては自分の子供への愛情であるには変わりませんが、それが歪んだ方向に向かってしまい、よそ様のお子様を傷をつけるという手段は考えられないです。

 

モヤモヤとした気持ちが抑えられなかったとしても、別の方法があったのではないかと思い大変残念ですね。

スポンサーリンク