【一人で遺体をコンクリ詰めに?】

茨城県かすみがうら市で起きた、
氏家美穂が起こした事件。

 

旦那の氏家昇さんをコンクリート詰めに
して遺棄した事件。

 

氏家美穂容疑者には子供がいたようですが、
その子供たちと住む部屋にそれを置いていた様子。

 

その子供たちは何を思っていたのか。
想像するだけで心が痛みます。

 

子供たちの年齢など詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク



氏家美穂に子供は?


出典:日テレニュース

 

この事件が起きたのは2018年7月20日。

茨城県かすみがうら市の氏家美穂の自宅から、

コンクリート詰めになった男性遺体が発見されました。

 

そして、7月22日。

損傷が激しかったその遺体は、

氏家美穂容疑者の旦那で氏家昇さんだったことが

判明しました。

 

氏家昇さんは2月中旬から行方不明で会社は無断欠勤中。

 

不可解な点は、

氏家美穂容疑者は3月9日に、自ら捜索願を

出しておいて、

その数週間後には、氏家昇さんとの

離婚届を市役所に提出したこと。

 

自分になんらかの疑いの目がもたれることになるとは

思わなかったのでしょうか。

 

また、氏家美穂容疑者には、

12歳の長女、4歳の双子の長男、次男、

と3人の子供がいたようです。

 

氏家美穂と、氏家昇さんと、

子供たち3人の5人家族が住んでいた家の

クローゼットの中でに、

コンクリート詰めにされた氏家昇さんがいて、

それはおそらく2月中旬の行方不明で、

無断欠勤をし始めたころからだと思われるので、

 

約5ヶ月ほど、そのコンクリートの中の

「お父さん」と同居生活をしていたことになるのが、

どれだけ3人の子供たちの心に

傷を負わせることになるのか。

 

12歳といえば、小学校6年か中学1年。

もういろんな分別がつきますよね。

 

現在、その3人のお子さんたちは、

おそらく児童施設にて保護されているようですが、

これからの子供たちのことが気になります。

 

 

スポンサーリンク

氏家美穂が昇さんをコンクリート詰めにした理由は?

人をコンクリート詰めにするというのは、

遺体からでるニオイを隠すためですよね。

 

自宅に置いておくと、ニオイがしはじめ、

子供たちも気づく、

子供たちだけではなく隣人たちも気づく。

そのためにコンクリート詰めにしたのだと

思われます。

 

実際に、まわりには脱臭剤が置かれていたと

言われています。

 

子供たちにも隣人たちにも

絶対に知られることなく、そして、何もなかったように

離婚届を出して、離婚を成立させたかったんでしょうね。

 

氏家美穂の犯行の動機は?

まだ詳細は明らかになっておりませんが、

この事件はおそらく、

氏家美穂容疑者が、旦那の氏家昇さんを

なんらかの方法で殺害し、

そのままコンクリート詰めにしてクローゼットへ。

 

では、その動機は?

と考えてみると、

性格の不一致で夫婦仲が悪かった。

 

これに関しては11歳も歳が離れているので、

世代の壁というのもあるのかもしれません。

生活していくにつれて、

その壁が乗り越えられないというか、

お互いの差が埋められなくなってしまったのかもしれません。

 

氏家美穂には彼氏がいた?

これはまったくのわたしの憶測ですが、

コンクリート詰めにするという行為が、

なかなか一人の女性だけでできることとは思えないからです。

 

誰か他に一緒になりたい男性がいて、

その男性に手伝ってもらいながら、

殺害→コンクリート詰めに。。。。

と考えたのですが、どうでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は茨城県かすみがうら市の氏家美穂が、

旦那の氏家昇さんをコンクリート詰めにし、

自宅クローゼットに隠していた事件についてでした。

 

氏家美穂には子供が3人いたようですが、

12歳の長女に、4歳の双子の男児。

この3人ともが昇さんの子供かどうかは、

分かっておりません。

 

旦那の昇さんを殺害してしまったあとに、

氏家美穂容疑者は、

子供たち3人と離れたくなくて、

 

自分のしたことを隠蔽しようとしたのでしょうか。

犯罪を犯した者とはいえ、

我が子と離れる辛さはやはり相当なものです。

 

それならば、

この5ヶ月間自分のしたことをおそらく悔いていたことでしょう。

 

子供の将来を考えると、余計にですよね。

 

 

氏家美穂容疑者には事件の真相を全て話し、

猛省し、更生していただきたいと願います

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク