事件

和田敬之 経歴は?父母だけでなくベテラン保育士姉も隠蔽加担か?

大阪府八尾市の「さくら保育園」でおきた
男性保育士による不適切な行為。

逮捕されたのは、和田敬之容疑者で、
なんとさくら保育園の園長、副園長の息子。

保育士一家の和田敬之がどうしてこんな事件を?
これまでの経歴、学歴、性格などを調べてみました。

スポンサーリンク



和田敬之 経歴、学歴、家族構成

男性保育士という方に実際にお会いしたことは
ないですが、

子供の相手って体力も腕力も使うし、
男性保育士がもっと増えるといいなと
思ったことはあります。

ですが、こんな事件が起こってしまうと、
男性保育士へのイメージがあまりにも
悪くなりすぎて、

これまで頑張ってきている男性保育士さんが
気の毒になる事件です。

今となっては珍しい送迎バスもあるようなので、
仕事を持つ保護者にとっては、
安心して子供たちを預けられる場所だと
信じて疑わなかったことでしょう。

そして、このさくら保育園で起きた、
和田敬之容疑者によるわいせつ事件。

保護者からの告発メッセージにより
発覚したことが発端ですが、

そんな和田敬之容疑者のこれまでの
経歴について調べてみました。

名前・・・和田敬之(わだたかゆき)
年齢・・・30歳
職業・・・保育士
勤務先・・・さくら保育園(大阪府八尾市)
家族構成・・・父親(園長)、母親(副園長)、姉(保育士)という保育一家。


姉も保育士ということですが、
おそらく同じ、さくら保育園に勤めていたのではないかと
言われています。

そんな和田敬之容疑者ですが、
最初は送迎バスのドライバーをしていました。

保育士の資格は持っていないものの、
園児からは人気があり、

「タカユキ先生」と慕われているイメージだったようです。

2017年に晴れて保育士の資格を取り、
さくら保育園の男性保育士として勤務開始。

和田敬之の学歴やそのほかの経歴については
現在のところ明らかにはなっておりませんが、

父親が園長、
母親が副園長、

そんな状況なので、
周りの保育士さんたちは、和田敬之のことを
「次期園長」として接していたことは想像ができますし、

和田敬之自身も、そう自覚して保育士になったのでしょう。

幼児に異常な愛情を感じる、
それはストレスや成人女性に相手にされないことなどの
環境による要因が大きいようですが、
和田敬之は一体どんな環境で育ち、生活していたのでしょう。

スポンサーリンク

さくら保育園の保育士30人一斉退職

30人いると言われている30人の保育士。

見てみぬ振りをしていたことを
保護者会で認めていた一部の保育士。

その保育士たちへの批難の声が多く集まりますが、
その保育士たちにも、生活や家族があり、
どうしても、声を上げられなかった環境が劣悪です。

想像ですが、
園長も副園長、経営陣が
和田敬之容疑者の両親。

ナニか疑問に感じたことを
上司に訴えることができない労働環境だったことは
容易に想像できます。

保育士さんたちは
保護者への説明し、

和田敬之の行動を目撃しておきながら
見てみぬふりをしていたこと

そのわいせつ内容を説明しながら泣きながら
謝罪していた中で、

一人のベテラン保育士は、
「知らなかった」と答えたことに関して、疑問と批難が集まっています。

ベテラン保育士であればあるほど、
全体を俯瞰してみることができるはずですし、
そうであるべき存在。

もし万が一それに
気づけていたなかったのであれば、
職務怠慢と見なされても仕方ないかもしれませんが、
それはちょっと考えにくい…

やはり、
「気づかなかった」と主張するベテラン保育士とは、
和田敬之の姉である可能性は高いですね。

スポンサーリンク

さくら保育園はどうなる?

出典:https://www.fnn.jp/posts/2018102318281205KTV

和田敬之容疑者が逮捕、起訴までされているにも関わらず、
それでも、

・わいせつ行為ではなくスキンシップである
・タカユキは悪いことをしていない

と、言い訳ばかりする園長と副園長を
見限る形で、さくら園の保育士30人全員が退職の意向を
示しています。

30人の保育士が退職すると、
160人の園児を保育する人がいなくなるので、
休園は必至のことかと思いますが、

休園を避ける方法が何かないのかと
大阪府八尾市は方法を探して努力されているようですが、

解決策は、
子供ファーストの観点から考えると、
なるべく環境を変えないことを優先にすると、

保育場所を変えずに、
今の場所で経営陣を一新して、
園児たちの保育を継続できるのがベストかと思われます。

在園児160人、保育士30人という
大所帯のさくら保育園。

その園舎も立派ですが、
社会福祉法人なので、運営は補助金でされ、
施設も公的なものなので、

その建物を和田敬之の父親(園長)が
勝手に売ったり人に貸したりすることはできません。

経営陣を一新して、
これまでの保育士さんたち30人が
気持ちよく働ける環境が与えられたら、

子供たちも保護者の方々も、
安心して大切な子供を預けることができて、
一応の解決となるのではないかと思うのですが、
どうなるのか
この動向を追っていきたいと思います。

ネット上の声は?

今後のさくら保育園の動向、
160人の園児の今後についてが気になる所です。

男性保育士という職業が
今後もっと広まればいいのになと思いつつも、

こういう事件が起きてしまうと、
本当に子供が好きで男性保育士を目指している若者であっても、
偏見もたれることに躊躇って、
男性保育士のなり手が減ってしまうのではないかと
思い残念でなりません。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!