6ヶ月の赤ちゃん?内縁?

福島県郡山市で起こった悲しい事件。
内縁の妻の赤ちゃんに暴力をふるい、若松凪(わかまつなぎ)容疑者が逮捕されました。

若松凪の顔画像やFacebookなど、また動機について調べていきます。

スポンサーリンク



若松凪が起こした事件の詳細

若松凪が起こした事件の詳細をニュースサイトより引用します。

生後6カ月の長女を殴ったとして、福島県警郡山署は3日、傷害容疑で同県郡山市台新の無職、若松凪(なぎ)容疑者(22)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、同日午前9時ごろ、自宅アパートで生後6カ月の長女の背中や頭を殴り全治約2週間のけがを負わせたとしている。母親である同居女性が通報し、発覚した。

若松容疑者は女性、長女と3人暮らし。同署は、日常的に暴行が行われていなかったなど、詳しく調べている。

引用:産経新聞

被害にあった生後6ヶ月の赤ちゃんは、若松凪の長女。
なのに、母親のことは、「女性」と書いてあるので、おそらく内縁関係だったのでしょう。

二人が正式に結婚できないには理由があったのでしょうか。
若松凪容疑者が無職であることもその理由のひとつであるのかもしれませんね。

若松凪の顔画像は?

この事件で逮捕されたのは、

名前・・・若松凪(わかまつなぎ)
住所・・・福島県郡山市台新
年齢・・・22歳
職業・・・無職

気になる若松凪の顔画像ですが、現在のところ公開されていません。
またFacebookやツイッターのSNSアカウントも本人のものと思われるものは特定できませんでした。

また新しい情報が入りましたらこちらに追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

若松凪の動機は?

生後6ヶ月となると、両親のことはしっかりと認識でき、表情も豊かになり反応がかえってくるので、育児も楽しいシーンが増えてきます。もちろん、そればかりではなく、寝ない、食べない、なんで泣いてるか分からないなどと悩みも尽きません。

特に、母親でも父親でも自分のコンディションが不調だと、育児の壁にぶち当たることがあると思います。
それは体の調子が悪い、とか、仕事の悩み、いろいろあります。
ですが、子供には何も罪はないし、子供に助けられることもたくさんあるんですよね。
それに気づけなかったのかな。

また若松凪容疑者が無職というのも気になるし、内縁関係という関係性の不安定さなど、いろんなことが原因となった感情の矛先が赤ちゃんだったのかなと思います。
もちろん赤ちゃんには何も罪はありません。だからなんとも言えない悲しい事件です。

赤ちゃんの怪我は全治2週間。早く元気になってお健やかに育って欲しいですね。

若松凪容疑者には猛省し、更生していただきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク