【虐待】埼玉県桶川市のマンションの自宅で当時1歳の息子に十分な食事を与えずに死亡させたとして、埼玉県警は16日、桶川市東会社員山辺拳士郎(25)、妻・仁美(25)の両容疑者が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。山辺拳士郎・仁美夫妻の顔画像や動機など考察していきます。

スポンサーリンク



山辺拳士郎,仁美の顔画像は?

この事件の概要は以下の通りです。

*日時・・・2018年10月
*場所・・・埼玉県桶川市東、容疑者の自宅

1歳の息子、晴ちゃんに対し、
長期間にわたって十分な食事を与えずに衰弱させ、
昨年10月に死亡させた疑いです。

逮捕されたのは、この男の子の両親、
*山辺拳士郎,仁美 夫妻
*年齢・・・25歳
*住所・・・埼玉県桶川市東

晴くんが自宅の布団で意識がないことに気づき、
消防に通報したことで事件が発覚。

この時、晴くんは平均体重と比べるとおよそ半分の
4キロほどの体重だったそうです。

4キロってちょっと大きい新生児ですよね。
ありえません。

気になる山辺拳士郎・仁美の顔画像ですが、
現在のところ公開されていません。

Facebookにつきましては、
それらしきアカウントはありましたが、
こちらでの公開は避けておきます。

また追加の情報がありましたら、
こちらに追記していきたいと思います。

山辺夫妻は晴くんをどうしてここまで放置できた?

山辺山辺拳士郎、仁美容疑者は、
なぜここまで晴くんをほっておいたのでしょう。

ろくな食事を与えずにいれたのはどうしてでしょうか。

調べによりますと、
「子供が泣いたらミルクを与えていたが、泣かなかったら与えていなかった」

と、供述しているそうです。

1歳ともなれば、
アレルギーなどの特別な事情がない限り、
もう離乳食も完了し、
大人と同じものがたべれるようになります。

泣いたら、ミルク?
ちょっと疑問です。

また晴ちゃんは、三男ということですので、
山辺夫妻には育児の経験があったのです。

食事を与えなかったらどうなるか。
それは十分理解できていたのではないでしょうか。

泣かなかったら与えないというのも変。
それに、泣く力がもう残っていなかったのかなと
思うと、胸が締め付けられそうです。

ネット上の声は?

*泣かなかったんじゃなくて,弱りきって泣く元気がなかっただけ。

*泣かなかったからって。。。
衰弱して泣く気力もなかったんだろうね。

*何のために生まれてきたんだろう、、、
生まれてからずっとお腹が減って、
最後は泣く元気も無くなって。考えただけでツライ。
天国でお腹いっぱいミルクが飲めますように、、、

*ちゃんと出産して、名前もつけてあげることができるのに、
赤ちゃんにミルクをあげることができないとはどういうことか。
自分たちはきちんと食事しているのに、
赤ちゃんはおなかがすかないとでも思うのか。

引用:Yahooコメント欄

などのような声がありました。

確かに、自分たちはかたわらで、
普通に食事をするんですよね。

どんな気持ちだったのでしょうか。
理解できません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は桶川市で起きた山辺拳士郎・仁美夫妻が
息子の晴ちゃんに食事を与えず、晴ちゃんが亡くなったという
悲しい事件についてでした。

顔画像については公開されておりませんが、
また情報があれば追記いたします。

晴ちゃんのご冥福を心より
お祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございます!

この事件の真相はまだまだ解決せず。。。
痛ましい事件です。

スポンサーリンク