2015年、
寝屋川市で起きた中学生の男女が殺害された事件の
裁判員裁判が始まります。

被告は山田浩二。
殺害されたのは、平田奈津美さんと星野凌斗くん。

山田浩二には獄中結婚の嫁がいるそうですが、
その嫁とは?子供がいるという話も?

詳しく調べてみます。

スポンサーリンク



山田浩二の寝屋川中学生殺害事件とは?

2015年8月12日午後9時ごろ、
星野凌斗くんが星野奈津美さんに会いに行くと
両親に告げて、外出。

 

その後、二人でいるところを
街の防犯カメラで確認できていましたが、

 

8月13日午前5時頃から、
二人の足取りがまったくつかめなくなり、

 

最悪なことに、
8月13日午後11時頃、
高槻の倉庫内で星野奈津美さんの遺体が発見され、

 

そして、8月21日に、星野凌斗くんの遺体も
発見され、捜査線上に山田浩二容疑者が浮かび逮捕されました。

 

この事件、
中学1年生の男女が夏休みに
二人で夜の9時から出かけるというのにも驚き、
最初は、親への犯行、好奇心から、
二人で計画し家でをしていたのではないかと
思っていたのですが、

 

まさかの事件の展開に、
恐怖を覚えた記憶は鮮明にあります。

 

そして、今回逮捕された
この山田浩二容疑者という人物がどんな人物なのか、

 

殺害の動機は?
また家族は?生い立ちは?

調べてみました。

スポンサーリンク

山田浩二が獄中結婚?

出典:ミスターサンデー

もともと渡利浩二という名前だった山田浩二容疑者。

 

小学生の頃から、
「人が嫌がることをする」少年だったらしく、
もちろん、友達はいなくて、一人で過ごす時間が多い少年だったようです。

 

まだまだ純粋な小学生の時代、
「人が嫌がること」を繰り返す心情はどのようなものだったのか。

 

考えられるのは、
・それをすることによりストレス発散?
・親に心配をかけて注目されたかった?
・愛情を欲しがったSOSのサイン?

などでしょうか。

 

また、1万円単位で両親のお金を盗み、
そのお金で同級生におごってあげることで、

 

周囲からは
「人をお金で買う」人間とも言われていたようです。

 

人が嫌がることをして、自分の周りから人を遠ざけつつも、
お金で人を釣るような行為もしていて、
気持ちの不安定さは、一目瞭然かと思われます。

 

そんな山田浩二容疑者にも、
大切にしていた家族があって、

嫁、子供(娘)がいたようです。

 

その嫁とは、
獄中結婚をしていて、
娘は、亡くなった星野くん、平田さんと
同年代だったようです。

 

山田浩二の嫁はどんな人物?

犯行後に平然と自身のFacebookにアップするなど、
信じられない行動も明るみに。

 

そんな山田浩二容疑者が獄中結婚した嫁とは
どんな人物だったのでしょう。

 

山田浩二容疑者は
2002年にも犯罪を犯し、刑務所に入っていました。

 

その犯罪とは、
その時も被害者は中学生で、
監禁し体を触り、所持金を奪うという卑劣な犯行。

驚くべきはその被害者は男子生徒。

 

山田浩二容疑者の恋愛の対象は
幼い男の子だったようです。

 

ですが、そんな山田浩二容疑者が
普通の成人女性と獄中結婚。

その女性の姓を名乗り、
「柴原浩二」という名前で、

 

女性の連れ子の娘のために、
改心して人生やり直そうとするのですが、

獄中離婚。その理由はわかっておりません。

 

ちなみに、
山田という姓は、

獄中で出会った男性の養子になったことで改姓。
姓を変えてまた一からやり直そうとしたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

山田浩二の犯罪心理

中学生の男子生徒に対して
特別な感情を持ち、

その裏で、成人女性と獄中結婚。

 

そして、山田浩二容疑者の余罪として、
女性へのストーカー容疑もあります。

 

恋愛の興味の対象は、
女性でもあったようです。

 

小さい頃からの行動を考えて、
自分より少し弱い立場の人間を
支配したり、自分を頼って欲しかったり。

 

そんな欲求があったのかもしれません。
一種の承認欲求でしょうか。

 

それであっても、
もちろんこんな犯罪は許されることではありません。

まとめ

大阪寝屋川市で
2015年8月に起きた中学1年生の男女が殺害された事件の
裁判員裁判が2018年11月1日に始まります。

今後の動向、事件の詳細が明らかになるのでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク