またスポーツ界で騒動です!

日本アマチュアボクシングの関係者333人が
日本オリンピック委員会(JOC)やスポーツ庁などに対し、
日本ボクシング連盟の資格停止処分などを求めて、
告発状を提出していたことが分かりました。

 

日本ボクシング連盟の会長は、山根明氏。
調査すればするほど、埃が出てきそうです。

 

告発状の内容は12項目。
助成金不正利用、審判不正問題など、
かなりダークな問題ばかりです。

 

ここでは、
山根明会長のwiki風プロフィールや、経歴、学歴、
家族なども調査しました!

 

スポンサーリンク



山根明会長(日本ボクシング連盟)に関する告発状とは?

日本ボクシング連盟(山根明会長)が助成金の不正利用などの金銭問題や、公式試合の判定などで不正が続いているとして、都道府県連盟の幹部や関係者333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに対し、27日付で告発状を送ったことが29日、分かった。

告発状では、リオデジャネイロ五輪男子ライト級に出場した成松大介選手(自衛隊)に日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金240万円が3等分され、他の選手2人にも80万円ずつ配られたのは山根会長の指示であるとし、公式試合で同会長が審判に不当に圧力をかけた疑いも挙げた。

他にも、用具の独占販売など連盟が抱える問題を指摘。JOCにこれらの問題の調査に加え、連盟の資格停止を求めた。

引用:jiji.com

 

333人ってすごい数ですよね。
300人以上告発者の名前があがるとは、
前代未聞レベルです。

 

山根明会長からひどい目にあわされた選手や、
頭にきてるコーチ、その他関係者の数は、
ざっとこの倍の数はいるのではと言われています。

 

人を見た目で判断してはいけませんが、
決して、連盟のトップであるような風貌では
ありませんよね。

 

告発状のメインは、

 

2016年のリオ五輪、
男子ライト級出場の

 

成松大介選手に、
JSC(日本スポーツ振興センター)が
交付した240万の助成金について。

 

成松大介選手に
「3分割して他の2人に、
80万渡すようにと指示」

していたことが、

 

助成金の不正利用だと
告発されています。

 

この助成金とは、
アスリート助成金と呼ばれるもので、
その目的は、

優秀な選手に対して助成を行うことにより、
優秀な選手を称えるとともに、
競技活動に専念した選手生活の継続を奨励し、
競技水準の向上を図ることを目的とします。
引用:JSC

と定義されているものです。

 

これを、
他の選手と分け合うとは、
言語道断のことです。

 

これに関しては、
成松大介選手に対して、

 

「あなたの好意でしたことに
してくれたら・・・」と

 

ボクシング連盟幹部が発言している音声も
流出しています。

 

告発状の内容は12項目。

  • お金に関する項目
  • 審判に関する項目
  • パワハラに関する項目
  • 将来に関する項目

の内容です。

 

スポンサーリンク

山根明会長(日本ボクシング連盟)の経歴,wiki風プロフィールは?

山根明(日本ボクシング連盟会長)の経歴は以下の通りです。

 

本名 山根明(やまね あきら)
出身地 大阪府堺市
生年月日 1939年10月12日
年齢 78歳(2018年7月現在)
役職 日本ボクシング連盟会長(終身会長)
職業 日大の客員教授

 

学歴に関しては明らかになっていませんが、
もしかしたら日大関係でしょうか。

山根明会長(日本ボクシング連盟)の家族(嫁・息子・娘)は?

どうして、こんな「いかにも」な
サングラスするんでしょうね。w

 

さて、この山根明会長の家族についてなのですが、
結婚している、もしくはしていたことは確かですが、
奥さんに関する情報はありませんでした。

 

息子がいるようで、
その息子は、
ボクシング素人なのに、

ロンドンオリンピックの村田諒太選手の
セコンドをしていたそうです。

前述通り、息子はボクシングに関しては
素人だったので、

 

村田選手も、なぜそれが自分のセコンドに?と
不思議だと、怒っていたという話も出てきています。

 

ちなみに、
その村田選手は、ご自身のFacebookで、

そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、
もうそういう時代じゃありません
新しい世代に交代して、これ以上、
自分達の顔に泥を塗り続けることは避けるべきです

と、コメントしています。

 

山根明会長が息子が
ボクシング素人にも関わらず、
自分のセコンドにつけたことももちろん含めて、
その他、様々な問題に対しての言及なのでしょう。

 

この村田諒太選手の
勇気あるコメントに関しては、


擁護する声が数多く上がっています。

 

 

そして、
山根明会長の家族の話に戻しますが、

孫の婿についての情報がありました。

その名前は鈴木康弘氏。
2016年4月1日に近畿大学ボクシング部監督に就任も、
翌年、教え子の女子生徒へのセクハラ行為で
2018年8月付けで諭旨解雇されています。

 

それ以外の家族の情報は
現在調査中です。

山根明会長(日本ボクシング連盟)のピンハネ問題とは?

アジアユースでは、
あるコーチが大会負担金の名目で19万1000円を
日本連盟から徴収された一方、

別のコーチは徴収されない差別があったと指摘。
韓国合宿では山根会長の部屋に呼び出されたコーチが、
連盟理事の一人から
「事前に日当3万円を振り込まれたコーチから
2万円を徴収する」と指示されたとしている。

いずれも説明はなく、徴収した資金の使途も明らかになっていないという

引用:スポニチアネックス

この微妙な金額が、
なんともリアルでせこさを感じますね。

十数万の謎の徴収や、
2万円のピンハネなど、
カツアゲのような行為。

これに対しても、
誰も幹部や山根明会長に反抗出来なかったのでしょうね。

山根明会長(日本ボクシング連盟)のおもてなしリストとは?

山根明会長のおもてなしリストとは、

愛媛県のボクシング連盟が2015年ごろに
作成したというのが事の発端です。

これは会長側が要求したものではなくて、
愛媛県側が「山根会長が喜ばれたこと」を元に作成されたものです。

そして、このおもてなしリスト
各都道府県の連盟で共有され、
過剰な接待が慣例化されていったと言われています。


そのおもてなしリストの内容は
・宿泊はスイートルーム
・試合観戦には豪華な椅子する
・飲食はおもてなしリストを参考に
・ホテルには30分前に整列して出迎える
・ホテルに会長が到着したら一斉に挨拶する

など、
多岐に渡るものだったようです。

これはどこの組織でもありそうですよね。

わたしが、OL時代に勤めていた会社でも、
お偉いさんがくるたびに、
こんなリストが回っていました。

ネット上の声は?

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク