20歳年上の嫁に殺される無念!

三重県鈴鹿市稲生塩屋の
住宅の駐車場の車内で横山麗輝(よしき)さんが
殺害されていた事件。

犯人は嫁の
横山富士子とその不倫相手の上山真生。

 

横山富士子と不倫相手の
上山真生が横山麗輝さんを
殺害した動機は?保険金か?

詳しくいていきます。

スポンサーリンク



横山麗輝さん殺人事件詳細


引用:三重テレビ

5月13日午前6時前、
三重県鈴鹿市稲生塩屋の住宅の駐車場に
とまっていた軽貨物車の後部座席で、

 

解体作業員の横山麗輝さん(25)が
倒れているのがみつかり、
その後死亡が確認されました。

 

警察は殺人事件として捜査を進めています。

 

横山さんの首には延長コードが巻かれてあり、
当初は自殺の可能性も考えられていましたが、

 

争った形跡があるので、
殺人事件として捜査されていました。

 

その犯人は?

嫁の横山富士子と(45)と、
その交際相手、上山真生(29)の犯行でした。

 

横山富士子 動機は保険金か?

 

横山富士子と横山麗輝さんの間には、
この事件が起きる前から

離婚話が出ていたそうです。

 

理由は

横山富士子容疑者には、
上山真生という不倫相手がいて、

そのことが原因で揉めていたのか、
離婚話はうまく進まず難航していたようです。

 

5月の横山麗輝さんの葬儀の時には、
泣き崩れていた横山富士子。

演技だったんですね。
恐ろしいです。

 

また、葬儀から2週間後、
なんと、

横山富士子は、麗輝さんの父親に、
「遺産相続の放棄」をしてほしい

と願い出ていたようです

 

息子が亡くなったばかりに、
息子の嫁にそう言われて、

 

横山麗輝さんの父親は、
不審に思うととともに、
もちろん憤りを感じられていました。

 

そりゃそうです。
バカにしていますよね。

 

でも、
遺産相続を放棄を急かした裏には、
何か理由があったのでしょうか。

 

ただ単に離婚話のもつれというわけではなさそうですね。

横山富士子は、
スナックを経営していたようなので、
その経営がうまくいっていなかったのでしょうか。

 

いずれにしても、
まとまったお金を必要としていたのは
事実のようです。

スポンサーリンク

横山富士子の顔画像は?


出典:FNN

 

逮捕されたのは、
横山富士子(よこやまふじこ)、45歳。

 

旦那さんの横山麗輝さんは、25歳。
不倫相手の上山真生容疑者は29歳。

 

どうしてそんなに年下の男性に
モテるのか?
そこまで美人なのかと思いましたが、
そうでもないですよね。

 

横山麗照さんは横山富士子の息子の同級生だった

 

横山麗輝さん(25)の遺体の
第一発見者は義理の息子(25)。

 

横山麗輝さんと、義理の息子つまり、
横山富士子の息子。
この二人は同じ年なのです。

 

一部の報道によると、
この二人は中学の同級生だということです

20歳もの年齢差で、
息子の友人ということで
いろんな壁を乗り越えた末の結婚だったと
思うのですが、なぜ
なぜこんなことになったのでしょうか。

また、横山富士子は
自分の息子に電話をかけて

 

「麗輝さんと連絡が取れない。
自宅に様子を見てきてほしい」と
連絡を入れて、

 

変わり果てた姿の麗輝さんの
第一発見者にさせています。

 

第一発見者ってまずは捜査の対象ですよね。
自分の息子をその対象にさせるとは、
もう正気の沙汰ではなさすぎて、
信じられません。

横山富士子のスナックの場所は?

横山富士子が経営していたスナックの名前は、
スナックモモ。

場所や画像も情報がありました!

三重県鈴鹿市道伯町2205−1
スナックモモ

店舗の前には、
横山富士子の軽四も停まっていますね。

 

このスナックの経営がうまくいってなかったのでしょうか。
横山麗輝さんの遺産を手に入れて、
何をしようとしていたのか、

 

動機の詳細については、
このブログでも追っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は三重県鈴鹿市で起きた横山麗輝さんが
車の中で遺体で見つかった事件についてでした。

 

犯人はまさかの?やはり?
嫁の横山富士子と、その不倫交際相手の
上山真生の犯行でした

 

夫婦の間には離婚話が出ていて、
それで揉めていた事実は分かっています。

 

麗輝さんの父親に、
遺産放棄を要求していたことも分かっています。

 

保険金目当てで麗輝さんを殺害し、
上山真生と一緒になりたかったという理由か、

 

他にも何か動機があるのか、
動機の詳細が気になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

夫婦間のトラブルからの殺人事件
多すぎます。


***

スポンサーリンク