2年で3人出産?

乳児3人の遺体を
かつて住んでいた住居に置いて、
自分は大阪へ引っ越し。

逮捕されたのは吉丸伶華。
顔画像、動機のほか、
なぜ自首したのか?

また全ては最初から計画的だったのか?
調べていきます。

スポンサーリンク



吉丸伶華の事件の詳細は?



出典:仙台放送

2016年12月、仙台市青葉区内の住宅で赤ちゃんの
遺体をビニール袋に入れて放置した疑いで、
宮城県警は25歳の女を逮捕しました。
女の自宅からは、
他にも2人の乳児の遺体が見つかっていて、
乳児が死亡したいきさつについて警察が調べを進めています。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは
大阪市生野区に住む風俗店従業員
吉丸伶華容疑者(25)です。
警察によりますと、吉丸容疑者は2016年12月、
当時住んでいた青葉区内の自宅で乳児の遺体を
ビニール袋に入れて放置した疑いがもたれています。
警察の調べに対し、
吉丸容疑者は「産んで遺棄しました」と、
容疑を認めているということです。
警察によりますと、22日午後7時半ごろ、
吉丸容疑者が大阪府内の警察署に自首したことから、
事件が発覚しました。
警察が吉丸容疑者が当時住んでいた青葉区の
自宅を調べたところ、他にもビニール袋に入った
2人の乳児の遺体がスーツケースの
中から見つかったということです。
警察は乳児が死亡したいきさつや、
他の2人の乳児の遺体についても調べを進める方針です。

引用:仙台放送

この事件で逮捕されたのは、

名前・・・吉丸伶華(よしまるれいか)
年齢・・・25歳
職業・・・風俗店勤務
住所・・・大阪市生野区

です。

スポンサーリンク

吉丸伶華はなぜ自首したのか?

仙台市青葉区の自宅で
乳児を遺棄。3人も。

3人を出産したのは
2014年11月〜2016年12月の間。
長男、次男、長女と、3人。
産前産後の自身の体のケアも
ちゃんとしてはいなかったでしょうね。

2017年1月には大阪に転居していますが、
今回、そこから1年半経過して、
なぜいま自首しようと思ったのか?

それは、

水道工事の業者が入る予定があったから

と供述していたことがわかりました。

集合住宅ですので、
管理は管理会社が一任され、

水道工事、排水管清掃、
火災報知器点検など、

集合住宅には、
業者さんが室内に入っての作業は
少なくないです。

もう逃げられないと思ったのと同時に、
吉丸伶華自身も、もう
逃れられないと思ったのでしょう。 

2017年1月から、
その仙台のアパートには住んではいないけど、
赤ちゃんの遺体があるがために
家賃を払い続けていて、

25歳の女性からしたら、
そのお金の負担も
生活を圧迫していたでしょう。

吉丸伶華の近隣住民の反応は?

仙台のアパートの近隣住民の方々は
さぞ驚いていることでしょう。

ですが、
吉丸伶華の部屋から異臭がしたこともなく、
誰も気づいていなかったようです。

吉丸伶華は大阪でママになった?

吉丸伶華の顔画像について
気になるところですが、

出典:Facebook

こちらが吉丸伶華のFacebook。

そして、
プロフィール欄には、

宮城→大阪 結婚してママになりました(・∀・)b

という表記がありました。

4人目の出産をしたということでしょうか。
真相はあきらかになっておりません。

スポンサーリンク

まとめ

ネット上ではこういう声が多くあがっています。

*なぜ本当に赤ちゃんが欲しいと
思ってる家庭にこなくて、
どうでもいい家庭に赤ちゃんは産まれるんだろう。

引用:Yahoo!コメント欄

大半の人はそう思うのではないでしょうか。

赤ちゃんが欲しくてもできない人。
周りを見回すと
身近にも多くいらっしゃいます。

 

有名な不妊外来のあるクリニックは、
連日満員で予約を取るのも
大変な状態です。

 

吉丸伶華もなんらかの理由で育てることが
できなかったのでしょう。
止むを得ずそうしてしまったんだと
信じたい。

ですが、
それならば
その赤ちゃんの人生が
少しでもより良くなるように、
母親として努力すること、
できること、やるべきことがあったはず。

 

いくら20代のお若い女性でも、
そこは少し考えて行動していれば、
こんな結果にはならなかったはずです。

 

大変残念な事件に
同じ女性として大変ショックです。

この事件の詳しい動機が
明らかになるのを待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク