【教頭失踪】京都市立朱雀第二小学校の教頭、吉岡敏克(56)が、5月11日より失踪、行方不明、無断欠勤していましたが、6月4日京都市右京区の神社境内の倉庫で発見。建造物侵入で逮捕されました。動機や事件の背景について調べます。

スポンサーリンク



吉岡敏克、神社侵入の動機は?

この事件をまとめますと、


  • 事件発生・・・今月4日午後7時25分
  • 事件内容・・・京都市右京区の神社境内倉庫に侵入
  • 逮捕・・・吉岡敏克
  • 職業・・・京都市立朱雀第二小学校、教頭
  • 年齢・・・56歳

この吉岡敏克教頭は、5月11日より失踪し、行方不明で、
学校にも出勤していなかったようです。


その理由が驚き、

  • 校長(矢野智子氏)に仕事の進め方で叱責された
  • 家庭でのトラブルも抱えてた

という理由で、失踪、家出をしていたそうです。
え、それが教頭先生のスルコト・・・?

吉岡敏克の顔画像は?

気になる吉岡敏克教頭の顔画像ですが、
現在のところ公開されていません。


教育委員会は、
「誠に遺憾。事実関係を確認し厳正に対処する」とコメント。


56歳の教頭先生は逮捕時、1700円の所持金。
内心ほっとしたのかもしれませんね。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、京都市立朱雀第二小学校、教頭、吉岡敏克容疑者が、
建造物侵入で逮捕。
4月に赴任したばかりでそこのオンナ校長とソリが合わず、失踪。
家庭でもトラブルあり?
56歳にして、もう少し他にやり方はなかったのか?
家族も学校も、生徒もあきれますね。


最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク